七里の渡跡

七里の渡跡

 慶長6年(1601)正月、江戸と京都を結ぶ東海道が制定され、桑名宿と宮宿(現名古屋市熱田区)の間は、海路7里の渡船と定められた。のち佐屋宿(現愛知県海部郡佐屋町)へ川路3里の渡船も行われた。宮までの所要時間は3〜4時間と思われるが、潮の干満によりコースは違っており、時間も一定ではなかった。
 ここは伊勢国の東入口にあたるため、天明年間(1781〜1789)に、伊勢神宮の「一の鳥居」が建てられ、以来伊勢神宮の遷宮ごとに建て替えられている。
 明治になって、東海道制度は廃止となったが、揖斐川上流の大垣との間に客船や荷物船の発着場となっていた。
 昭和34年(1959)の伊勢湾台風以後の高潮対策工事のため、渡船場と道路の間に防波堤が築かれて、旧観は著しく変化し、港としての機能は全く失われた。昭和63年から平成元年(1989)にかけて、付近の整備修景工事が行われた。
 なお現存する常夜燈は江戸や桑名の人達の寄進によって建立され、元は鍛冶町の東海道筋にあったが、交通の邪魔になるので、ここへ移築された。元は天保4年(1833)建立のものであったが、昭和37年に台風で倒壊したので、台石は元のままであるが、上部は多度大社から移したもので、安政3年(1856)銘。

一の鳥居の画像 東海道五十三次の画像
一の鳥居 東海道五十三次 桑名
(安藤広重)



東海道について

 江戸時代の東海道は江戸と京都大坂を結ぶ幹線道路として、慶長6年(1601)正月に制定され、その間に宿場を設けた。宿場の数はその後も増加して、品川宿から大津宿まで俗に「東海道五十三次」の宿場となった。しかし更に大坂までの4宿を加えて、57宿が東海道ともいわれる。東海道と共に中山道・日光道・奥州道・甲州道を加えた五街道は江戸幕府の管理下におかれ、現在でいう国道である。
 宿場には問屋場(人足と馬の手配をする事務所)と本陣(大名などが休泊する施設)と高札場(人足銭や禁令を書いた大きな立て札)の三つが必ず設けられていた。また本陣に準じる脇本陣や、一般の人達が利用する旅籠屋や茶店も多くあった。旅籠屋数の最も多いのは宮(熱田)で、幕末頃には248軒あり、次いで多いのは桑名宿の120軒であった。
 慶長6年桑名宿が設けられた際に、宮宿までは海路の渡船と定められた。それ以前の関東と京都を結ぶ幹線道路は関ヶ原を経由していたが、桑名経由に変更になった。その理由についてははっきりしないが、軍事的な目的からであろう。渡船場から川口町・江戸町・片町・京町・吉津屋町・鍛冶町・新町・伝馬町・鍋屋町・矢田町・福江町・大福・安永を経て町屋橋に至るのが東海道のコースであった。その間に3カ所の見附(門と番所)があり、そこでは道路が枡形に曲折していた。そのコースは微高地を通っており、水害の際にも浸水を最小限に抑えており、日本の大動脈にふさわしい道であった。
 川口町から町屋橋までの約4kmのうち、一部は失われているが、大部分は江戸時代のコースが残っている。平行する広い道路には13カ所に信号がある。東海道は自動車の道ではなく、今も人が歩く道なのだ。


本陣跡の画像 矢田立場の画像 安永常夜燈の画像
本陣跡 矢田立場 安永常夜燈

周辺案内マップはこちら