花火鑑賞時のマナー

禁止事項

小型無人飛行機(ドローン等)の禁止

花火会場及び周辺において、小型無人飛行機(ドローン等)の持込・操縦・飛行等は、花火の打上げに危険が及ぶため禁止します。

万が一墜落した場合に観覧者の皆様に危険が及ぶのみでなく、LEDの点灯により職人が丹精込めて作った花火の見栄えに影響してしまいます。

禁止行為を見つけた場合は、警察に通報します。また、花火を中止する可能性があります。

ルールを守って場所取りをしましょう

  • 例年同様、花火大会開催日前日午後6時までの場所取りは一切できません。会場設営のための工作物(バリケード・ガムテープ等)以外の物を設置することは一切認めません。会場内でのシート等放置物件は発見次第撤去いたしますのでご注意ください。
  • 多くの人が観覧出来るよう、必要以上の場所は取らないでください。(1人90cm×90cmが目安)
  • 場所取りをしたら、その場には必ず誰かがいるようにしてください。シートが風で飛ぶ、違う人が座っていたなど、思わぬトラブルが起きかねません。
  • 場所取りでは、チョーク・ペンキ等容易に消せない素材を用いて、堤防設備を汚さないでください。
  • 机、イスの使用は周りの方の迷惑にならないようご配慮ください。特に後ろの方の目線の妨げになるような場所取りはご遠慮ください。
  • 割り箸や石、杭、ペグなどを使用すると、つまずくなどの危険がありますので使用しないでください。代わりに、水を入れたペットボトルやガムテープなど、誰かに当たってもケガをしにくい物でシートを固定してください。

多くの方にお楽しみいただけるよう、節度をもってマナーを守りお楽しみ下さい。 場所取りやトラブルを避けて快適に花火を楽しみたいという方は、ぜひ協賛者席有料席をご検討ください。

※撤去したものの返却・賠償は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください。

他の人の迷惑になるような大声や挙動

マナーを守り、節度ある姿勢で花火大会を楽しみましょう。

ゴミの不法投棄

ゴミはお持ち帰りください。やむをえず捨てる場合は、必ず指定の場所へお願いします。(不法投棄は犯罪行為です。)

他人のマンションや敷地内への無断立入

他人のマンションや敷地内に無断で立ち入る行為は犯罪です。絶対に行なわないでください。

火気使用

会場内での火気使用は厳禁です(バーベキュー、手持ち花火などは行わないでください)。

ペットを連れて会場内に入ることはできません

ペットは、キャリー、ケージ(ゲージ)等に入っていても入場はできません。

お客様の中には、動物が苦手な方もいます。また花火の音に驚いて吠えたり、暴れたりすることで、思わぬ事故やトラブルにつながりますのでご了承下さい。ご協力お願いします。

ただし、盲導犬や介助犬の同伴は可能です。

注意事項

交通機関を利用しましょう

当日は、周辺道路が交通規制されます。お車での来場は避け、徒歩または公共交通機関のご利用をお願いします。

電車をご利用の方はあらかじめ帰りの乗車券をご購入するか、TOICAやPiTaPa等を用意しておくことをお勧めします。

交通規制にご注意ください

7月30日(土)開催当日の周辺道路は午後5時から午後10時30分ごろ(予定)まで、交通規制が行われます。交通規制は自動車・バイクだけでなく、自転車も規制の対象となりますので、規制区域内に進入することができなくなります。周辺にお住まいの人の乗用車等も移動できなくなりますので、ご注意ください。

会場周辺への路上駐車は絶対におやめ下さい。迷惑駐車と判断された場合は警察に通報します。

トイレは早めに済ませましょう

トイレは早めにすませましょう!

会場周辺には仮設トイレを設置しておりますが、たくさんの方が利用するため毎年混雑します。事前に降車駅や会場周辺の公衆トイレのご利用をお勧めいたします。

花火中盤(午後8時ごろ)以降は特に混み合いますので、トイレは早めに済ませ、ゆったりと花火をご鑑賞ください。

くれぐれも、草むら、路地裏、道端で用をたす行為は行わないでください。

また、各トイレにはトイレットペーパーを設置していますが、数に限りがありますので、出来るだけ携帯用ペーパー等を各自で持参してください。

小さいお子さんをお連れの方は携帯用のトイレを持参するといいかもしれません。

(注意!!)
水分補給は必要ですが、トイレが近くなって、花火を見逃してしまうことのないよう、お気を付けください。

トイレにカメラ、財布、携帯電話などを落とす方が毎年いらっしゃいます。大切な思い出を汚さないよう気を付けましょう。なお、万が一落としても当日は回収出来ませんのであらかじめご了承ください。

ゴミの持ち帰りにご協力を

ゴミの持ち帰りにご協力を

花火大会終了後、会場周辺には毎年、大量の「ゴミ」が捨てられ問題になっています。そのため、翌日早朝から多くの地域の皆さんなど多くのボランティアで清掃活動を行っています。

会場付近には、たくさんの人が住んでいます。「誰かが捨ててくれるから」「少しくらいなら」「ここなら見えないから」と思って捨てたゴミが、とても迷惑をかけてしまいます。

立入禁止区域や会場近隣の住宅街・私有地などへの侵入、ゴミ捨ては絶対にしないでください。「たくさんの人が来てくれたし、みんなマナーが良くて持ち帰ってくれたから、ゴミも無くてうれしい。」と言われるようになったらいいですよね。

今後も花火大会を続けるために、ゴミは投げ捨てたり置き去りにしたりせず、お持ち帰りいただくか、指定の場所へ捨てて下さい。

また、捨てる際は分別収集にご協力下さい。楽しい夏の思い出とともに、ゴミも持ち帰りましょう!

携帯電話は繋がりにくくなります!

待ち合わせの場所や時間、緊急の連絡手段などはあらかじめ決めておきましょう。

また、「Kuwana Free Wi-Fi」も繋がりにくくなります。

迷子(迷大人)にお気を付けください!

当日は大勢の観客がいらっしゃるため、会場周辺は携帯電話が非常に繋がりにくくなります。

小さな子ども連れの方は、お子さんから目をはなさないよう、しっかりと手をつないで迷子の防止に努めてください。小さいお子様をお連れの方は万が一迷子になってしまったときのために、迷子札をつけておいたほうがよいです。洋服の中に入れたり、腕につけるなどして、名前と連絡先が分かるようにしておくといいでしょう。

花火大会が始まると呼び出しや迷子放送ができないため、事前に集合場所を決めておくことをお勧めします。

アルコールの飲みすぎに注意

花火でお酒を飲まれる方もみえますが、節度を持って楽しみましょう。

もし飲み足りない場合は、桑名駅付近にもおいしいお店がたくさんありますので、そちらをご利用ください。

周囲の迷惑となる行為はやめましょう

観覧場所は自分達だけの専用の場所ではありません。周囲の皆さんの迷惑とならないよう配慮をお願いします。些細な事から大きなトラブルとなると、多くの方が迷惑します。公共の場所であることを意識し、お互い気持ちよく花火大会を楽しみましょう。

  • カメラの三脚は迷惑にならない高さに
    三脚を高くして撮影することで、周囲の人の花火観覧の妨げになり、毎年お客様同士のトラブルになっています。周りのお客様に迷惑のならないよう、三脚使用時も含め、カメラの高さが 座ったご自身の頭の高さを超えないようにお願いします。
    スマートフォンでの撮影も同様です。 また、通路での三脚使用や自分撮りスティックは安全確保のため禁止です。
  • イス、テーブルは使用禁止
    他のお客様が、花火が見えなくなり、毎年お客様同士のトラブルが多発しています。 また、緊急・避難時の妨げになりとても危険です。
    ただし、足の不自由なお客様で座椅子程度の高さのイス等、周りに迷惑のからない椅子であれば使用いただいて結構です。
  • 人混みでの喫煙はお控えください
    人混みでの喫煙は小さなお子様もみえますので、お控えください。
  • 大声を出さないでください
    盛り上がるうちに、つい大声になってしまいがちです。会場内は、混雑のため隣のグループとの間隔も狭いです。周りにいる方たちに迷惑をかけないよう、十分に注意しましょう。 お客様同士が気持ち良く観覧できるようマナーにご配慮ください。
  • 路上での座りこみはやめましょう
    路上での止まっての観覧・座り込んでの観覧や観覧席以外での観覧は控えてください。
    無理な通行、危険区域への立ち入りは事故につながる危険行為です。良識ある行動をお願いします。
    また、係員の指示に従わない場合は、退場していただくこともあります。

貴重品管理にご注意ください

貴重品、現金等の管理は各自で注意してください。万が一スリ・置き引き等の盗難や紛失等の事故が発生しても主催者は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

落とし物について

落とし物、忘れ物については、近くのスタッフまで声をお掛けください。

服装は軽装で

毎年、熱中症で救護所に来られる方がおります。できるだけ涼しい服装を心がけてください。

花火大会は大勢の人混みのなかでの見物になりますので、出来る限り手荷物は少なくして来場することをお勧めします。荷物が多いと移動が困難になったり忘れ物の原因となりますのでご注意下さい。

歩きにくい靴はとても危険です。ヒール、サンダル等の歩きにくい靴はケガや事故につながり大変危険なので、歩きやすい靴でご来場ください。

体調が悪くなったときやケガをしてしまったら救護所へ

会場内で体調が悪くなったときやケガをしてしまった場合は近くのスタッフに声をかけてください。

事故防止にご協力ください

花火大会で最優先されることは、来場者の方に花火を楽しく安全にご覧いただくための事故防止対策です。

桑名水郷花火大会では、人の安全を「最重要事項」として危険区域や通路部分に多数の警備員等を配する警備体制を敷き、事故ゼロを目指します。

会場内は、大変混雑しています。身勝手な行動はせず、事故防止のため、係員・警察官・警備員などの指示・誘導に従ってください。

行き帰りの時間には余裕を持たせ、会場やそこまでの経路においては、ゆっくりとお進みいただき、他人を押しのけたり、手荷物等が他人にぶつかったりしないよう、お互いに配慮をお願いします。

また、立入禁止場所への立ち入りは絶対に行わないで下さい。

花火終了後

花火終了後、駅は大変混雑します。帰宅時間を少しずらすことにより比較的スムーズに帰ることができます。譲り合いの精神で余韻に浸りながら安全に帰りましょう。

早朝清掃にご理解・ご協力を

早朝清掃にご理解を

毎年花火大会開催翌早朝、市内の企業の皆さん延べ400人から、会場内の清掃・ゴミ拾いをしてもらっています。

近隣町内のみなさんには、朝早くからご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願いします。

清掃ボランティアの方には、会場周辺の駐車場が少ないため、車を乗り合わせるなどのご協力をお願いしています。

ゴミのないきれいな会場で花火が見られるのはボランティアの方々のおかげです。桑名水郷花火大会の運営には、このような裏方の皆さまの協力があってこそ成り立っています。

『これは持っておきたい!』花火大会持ち物リスト

  1. 帽子・日傘・日焼け止め
    早めに会場入りされる方には必需品です。日差しが強い時間から来られる場合は、日射病予防、日焼け予防にお持ちください。
  2. 飲料水・お弁当
    昼間は熱中症にもなりやすいので水分をこまめに補給してください。熱中症予防の観点からも水分補給は大事ですが、会場は土手を利用していますので、万が一の軽い切り傷などを洗うためにもたいへん役立ちます。
    また、花火を見ながら食べるお弁当は美味しいです。会場内に、桑名市観光協会等が特産品を出店していますし、最寄駅から会場までも食料を調達できるお店がたくさんあります。場所取りなどで早めに現地入りする人は夏場ですので食中毒に注意してください。
  3. タオル・ハンドタオル
    汗を拭いたり、水で濡らして体を冷やす、首に巻いて日焼け防止、お尻が痛くなった時に下に引くなど大活躍です。
  4. ポケットティッシュ
    トイレットペーパーとして、食事の後になど、用途は様々です。
  5. ウェットティッシュ
    会場周辺の仮設トイレには、手洗い場がございません。手を拭いたり、汚れたレジャーシートを拭いたり、また、食事前の消毒としてもあると便利です。
  6. ゴミ袋
    会場内には専用のゴミ箱が設置しておりますが、会場外で出たゴミは必ず持ち帰りましょう。ゴミ袋を持って電車に乗るのが抵抗ある方はエコバックや紙袋を持って行くことをお勧めします。
  7. 雨具(レインコート・折り畳み傘)
    突然の雨に備え、晴れていても持っていくことをお勧めします。また傘の使用は他の観覧者様の迷惑になるためお控えいただき、できるだけレインコート等の雨具をご用意ください。
  8. 敷物(レジャーシート)
    無料の自由観覧スペースは河川敷が会場となりますので、敷物があるとお尻が汚れません。花火観覧には必需品!サイズは1人90㎝×90㎝が目安です。
  9. 懐中電灯・電池式ランタン
    会場は暗いので手元を照らすものがあると便利です。忘れ物の防止にも役立ちます。携帯電話のライトだけだと心細いかもしれません。
  10. デジカメ・ビデオカメラ
    花火の思い出をしっかり残しましょう。但し、後ろの人の迷惑となるような撮影はご遠慮ください。三脚の高さはご自身の頭を越えないようにしてください。譲り合いの精神を持ちましょう。
    会場は暗いので落とさないようにご注意を。
  11. 虫除けスプレー・虫刺され薬
    花火の会場は河川敷なので、蚊などの昆虫が存在します。露出する首や腕や足などスプレーしておくことをお勧めします。刺された時用の薬も用意しておくとよいでしょう。
  12. 絆創膏
    履、下駄など、普段着なれない靴を履くと靴ずれが起きやすいです。また、お子さんが転んで怪我をした時の応急処置として絆創膏を持っておくと安心。
  13. 眼鏡・目薬
    近距離で上がる花火は風向き次第では細かい火薬の燃えカスなどがふりかかってくることがありますので眼鏡や目薬があると安心です。万が一、目に入ってしまったら絶対にこすらないでよく洗い流し、異常を感じたらすぐに医師の診断を受けてください。
  14. 上着
    日中は暑くても夜は涼しくなる場合があります。 薄いカーディガンなど上に羽織る物を一枚もっていくとよいでしょう。
  15. 余裕と思いやり
    花火を楽しく鑑賞する為に、周囲の方に対する思いやりや、時間や心に余裕をもってお越しください。
このページの先頭へ