昭和9年の伊勢大橋完成記念として始まった桑名水郷花火大会は、戦時中に一時中断したものの現在まで引き継がれている伝統のある花火大会です。特徴は“水郷のまち・くわな”ならではの川の幅・深さを使った花火大会で、打ち上げ現場は揖斐川の中州です。

毎年、およそ10,000発の花火が約1時間半かけて大空に花を咲かせます。花火の種類も豊富で、スターマインや仕掛け花火以外に、水中スターマインやこの地域では数少ない一尺玉(十号玉)や1.5尺玉(十五号玉)、東海地区最大級の二尺玉(二十号玉)が上がります。

例年この大会は企業様等からのご協賛によって運営してまいりました。
年々規模が拡大していることに伴って設営等の経費も増大し、安全対策費、花火打ち上げの経費増加等により、新たなお力添えを必要としており、昨年より有料席の開設や臨時駐車場の一部有料化を実施いたしました。

また、今年は花火を間近で、ほぼ水面からきれいに見られる河川敷の椅子席を新設いたします。

今後とも本大会が存続、発展していくために、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

当日の開催有無については、
専用ダイヤル0180-995-987(自動応答)
をご利用ください。
※ただし、IP電話ではご利用いただけない場合があります。

観光に関するお問い合わせ

  • 桑名市物産観光案内所 TEL:0594-21-5416
  • 桑名市観光協会事務局(市役所商工観光課内) TEL:0594-41-2222

協賛企業バナー

  • KIP-internet service
  • 協賛募集中
  • 協賛募集中
  • 協賛募集中
  • 協賛募集中
このページの先頭へ